正直な話、ジューサーよりブレンダーの方が良いなと思った

結局、手軽さが一番大事かなと感じました

「野菜は沢山食べたいけど、毎日時間をかけて食べるのが大変」

という事で、生の野菜を効率よく摂取する方法として、最初にたどり着いたのはスロージューサーでした。

スロージューサーの持ち味と言えば、何かと話題の「酵素」を生きたまま摂取できると言われているところではないでしょうか。

野菜をゆっくり絞って中のエキスを捕り出すような形なので、酵素を壊さないで取り出すことが出来ると言われています。

そんなこんなで、選んだスロージューサーがクビンスのコレです。

結構、良いお値段でした・・・。

価格が良いだけの事はあり、初めて使用したときには、感動ものでしたね。

固形の野菜からあんなに汁が出てくるのには、「おおおっ」と、思わず唸りました。

しかも、ジュースがまろやかで美味しい。

ですが、今使っているのは、ラッセルホブスのパワーブレンダーです。

「あれ・・・?」って、なりますよね。笑

なぜ、高いスロージューサーを使うのをやめて、1万円弱で購入出来るブレンダーに変更したのか、その辺も含めてレビューしていきたいと思います。

スロージューサーが良いなと思った理由

やっぱり酵素ですね。

刃が高速で回転して食材を切り刻むので、その際に熱が発生して酵素が死んでしまうとも言われています。この辺のブレンダーのウィークポイントを解決してくれているのがスロージューサーかなと思いました。

また、市販の野菜ジュースは、加熱で殺菌処理するので、その過程で酵素は死んでしまうと言われています。

このことに対して、メーカーは、「酵素は、死ぬとか生きるとか関係無いから問題無い」という内容を見たことがあるんですが、そういう説明をしてしまう時点でダメだなと思いました。

他にも、このジューサーを購入する前の1年間くらいは、にんじんや大根を毎日すり下ろして食べるようにしていたのですが、結構手間に感じていました。生の野菜から酵素を壊さず摂取するには、すり下ろしも有効だそうですが、毎日続けるのは正直辛かったです。

そこで、手間を減らす為にスロージューサーの購入に踏み切ったという感じです。

でも、実際に使ってみると、ジュースはすごいおいしいのに、やっぱり、手入れの手間には勝てませんでした・・・。

洗浄を楽にしようと工夫してみるものの・・・

スロージューサーを使用すると、パーツの色んなところに野菜の絞りかすが残るので、それを毎回取り除いて洗うのが、まあ、手間・・・。

「いかに効率よく洗えるか」と、色々やったりしてたけど、それでも、日に日に面倒になってしまいましたね・・・。

ステンレスメッシュの目詰まりをキレイにするので、専用のブラシで使わずに済ませる方法とか、お湯を流すだけでカスを効率的に取り除く方法とか。。。

でも、ドラムを洗う時は、カスの排出口からお湯だけでは洗い流せない詰まっているので、毎回、ハシでほじくり回してたりしました・・・。

しかも、洗い流したカスで排水溝がよく詰まるので、掃除を始めるとシンクが洪水状態です。

なのに、ちゃんと洗いきれず、パーツの至る所に野菜の色素や汚れが付着していたりするだけでなく、直接洗うことができない隙間部分のパーツにヘドロのようなものを発見。

これをキッチンハイターを使って漬け置きしたんですが、全て取り除くことはできませんでした。

ブレンダーは何かと楽!ただし・・・

毎日の手入れの手間やパーツが多く場所を取ること、そして、衛生面で少し気になる事があって、結局使わなくなってしまったスロージューサー。

そこで、「何か他に無いかなぁ」と探した時に良さそうだと思えたのが、ラッセルホブスのパワーブレンダーでした。

こんな感じで、まず、見た目が良いですよね。

投入口も広いし、作動させながらでも、蓋の真ん中にある小さな投入口を開けてそこから食材を入れたり水を足したりできます。

気になる部分として、モーターの収められている土台がプラスチックで少しチープだけど、1年位使っても全然壊れる感じは無いので、実績踏まえると問題なしです。

ただし、作動音は、やっぱりブレンダーって事でうるさい部類ですね・・・。

振動も結構するから、ブレンダーを置いているプレートの下に防振ジェルを付けて、テーブルに直接置かないようにしてます。

防振ジェルは優れものです。

この音問題を抜きにすれば、ジュースにするまでがすごく楽。

食材カットして牛乳や豆乳入れたり、水を足したりをまとめて出来て、後は、スイッチオンでジュースが出来る。

しかも、手入れもものすごい楽です。

スロージューサーを使った経験があるから、なおさら感じることなのかもしれません。

ブレンダーは手入れも超簡単

洗うときは、食材の代わりに水と洗剤を入れるだけです。

超楽ちんですね。

お湯をガラスケース半分位まで入れて、食器洗い洗剤を1滴垂らして、蓋をしてスイッチを入れるだけ。

後は、自動で泡立ててくれます。

泡立てが完了したら、その泡をスポンジにつけて軽く表面を磨いて、お湯で流せば完了。

お手入れする際の注意点として、中には、パワーブレンダーを使ってスープを作ろうとして、熱湯を注いで大変だったみたいなレビューを見たんですが、普通に考えて、熱湯は、使っていいわけありませんよね・・・。

あくまでも野菜ジュースや果物ジュースを作る為のものなので、その点だけ注意すれば、重宝してくれると思います。

今まで、色々な方法で野菜ジュース作りを試してきましたが、結局、毎日続けられることが大切であり、その意味では、酵素云々よりも手間が少ない方が長く続けられて、気持ち的にも楽だなと思いました。

栄養価にこだわりすぎてあれこれやるよりも、それなりに健康を考えて、生活に負担が無いくらいで続けていく方がストレスにもならないし、結果的に自分に合っているのかなと色々と試してみて実感できた気がします。

関連情報